複雑怪奇なバンコクの路線バス


複雑怪奇なバンコクの路線バス

「バンコクのバスを乗りこなせたらタイのプロだ」と私は密かに思っている。

なぜならタイのバスは複雑なのだ。
路線も多いし、数も多い。

しかしこれを乗りこなすことができれば
縦横無尽自由自在にバンコクやタイ全土を制覇できるであろう。

ざっとあげるだけでも「赤バス、白バス、ミニバス、エアコンバス」などの種類がある。
はたまた、長距離を走るバスもある。

▼タイの路線バス


カオサン地区や鉄道の駅にターミナルがあり、
そこから市内行きやパタヤ・アユタヤなどまで行くことが出来るバスもでている。

長距離バスを利用するときには案外簡単であるのだが、
市内を走るバスはちょっとした注意が必要だ。

▼長距離バス


何種類かのバスは同じ路線を走っていたりするので、
自分の目的地をちゃんと通るのか自分の目で確かめなければいけないのだ。

バスの正面には番号とタイ語で表記がある。
まずは目的地へ行くバスの番号を何かで調べておく必要がある。
(知り合いに聞いたり、ガイドブックでチェックしておこう)

バスの色や種類によって路線が違ったりするので、
その辺も間違いないようにする必要がある。


乗車するときもバス停の手前で停まったり、
バス停のない場所で停まったりということも多様にあるので注意。

乗り込んだあとは気を抜かず周りの景色を確かめよう。
なぜならバス停で必ず停まるとは限らないからだ。(停める客がいない場合容赦なくスルーする。)

しかも時刻表はあってないようなものなので(渋滞もしている)、
いつくるかわからないバスを暑い路上で排気ガスにまみれて待つのは結構ガマンが必要な気もする。


しかしながら、値段も安くて縦横無尽にバンコクを走るバスを
自分の足のように利用できればこれ以上強い移動手段はないであろう。

バンコクの普通の移動手段に飽きたら是非挑戦してみたい上級テクニックである。
(ちなみに私はまだバスに1人で乗ったことはない)


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ