いつ頃開通?エアポートリンク


いつ頃開通?エアポートリンク

2006年9月に開港したスワンナプーム国際空港は、
バンコクの中心部から約32キロ東部のサムットプラーカーン県にある。

実はこの空港自体も、本来ならば2005年9月に開港予定だったのだが
計画変更やシステムチェックの遅れにより1年も開港が遅れた。

タイでは建設物の遅れや計画変更はよくある事態のようだ。

▼スワンナプーム空港


このスワンナプーム空港からバンコク市内まで行くには、
リムジンタクシー・メータータクシー・エアポートエクスプレス(空港バス)・路線バス
・・・を利用する必要がある。


ここで感じるのは「あれ?電車はないの?」ということだろう。
2010年の2月現在、スワンナプームからバンコク市内まで通っている電車はまだない。


▼SA City Line用車両

注釈)
この記事は、2010年の2月に書かれたものです。
2010年8月23日にエアポート・レール・リンクが、正式開業しました。


実はこのエアポートリンクに関しては様々な問題があったのだ。

以前かたこのエアポートリンクの建設は計画されていたのだが、
途中予算不足になり建設が中断するなど苦難が多発した。

これについては様々なウワサがあるが、2009年の王様の誕生日(12月5日)に
開通式を行うのではないかというのが一番有効な説ではあった。

しかしながら、未だに開通はされていない現状がある。


実際にはもう線路は建設終了しており、列車の動作テストも進んでいるようだ。

▼駅及びシティ・エアターミナル


実際に私が2010年の年始に行ったとき、空港から車で高速道路を走っていると、
並走するかたちでエアポートリンクの電車がテスト走行をしていたの見た。

このリンクが完成すると、渋滞も関係なく
バンコク⇔空港を数十分(車だと約1時間程度かかる)で移動できる。

トランジットでタイに降り立った人でも
市内まで足を伸ばせるとあって大変な経済効果も期待できる。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ