飛行機壊れた?!


飛行機壊れた?!

飛行機というのは移動手段の中でも精密でチェックも入念にされているため、
諸般の自動車や電車などにくらべると事故率も格段に少ないといわれている。

なので、今回私は直面した事実にいささか驚いた。


タイでの日程を終え、日本に帰ろうといつものように
スワンナプーム空港に行き登場の手続きをした。

▼スワンナプーム空港

そしてこれまたいつものように出国の手続きをして登場ゲートで待つ。
通常ならば、フライト15-20分前には登場案内のアナウンスが流れるが、この時は違っていた。

登場案内のアナウンスの変わりに流れたのは
機体の故障のため、不具合部分を交換しています。しばらくおまちください。
という聞いたこともないものだったのだ。


登場ゲートで待っている人は7割が日本人観光客といったところだった。
そのため英語とタイ語で流れたアナウンスに動揺が走る。
(なぜ日本線なのに日本語アナウンスがないのだろう)

しばらく待つと、再びアナウンスが入る。
交換してもだめでした。違う機体に荷物を積み替えるのでもうしばらくお待ち下さい。
ここでやっと日本語のアナウンスも入る。

しかし、急いでいたらしく、日本人ではないうえに
なんだか内容も聞き取りにくいアナウンス・・・待つ客が余計に心配な表情になった。


私は待ちきれなくなって係員に申し出て登場ゲートを後にする。
お腹がすいたのだ。

時間は深夜1時近く。(フライト予定は0時だった)
手荷物検査を逆流してレストラン街へ戻る。

軽く腹ごなしをして戻ると、待っている客たちへペットボトルの水が配られていた。
手持ち無沙汰でさらに待つと、やっと登場の案内がされる。

通されたのは空港内専用のバス。
バスに乗って機体の近くまで行く。

何度もタイへ行っているがこんな経験初めてだ。


私は新しい機体の乗り込む前に係り員に聞いた。
「これは壊れてない?」

係り員は爆笑しながら「大丈夫大丈夫」と答えた。
席についた時にはフライト予定時間を2時間半過ぎていた。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ