快適移動BTSスカイトレイン


快適移動BTSスカイトレイン

タイのバンコクでは移動手段として、自動車やバスなどがこれまでは一般的でしたが、1999年に開通したスカイトレインが最近では人気となっています。

スカイトレインは通称BTSとも呼ばれる高架式の鉄道で、BangkokmassTransitSystemという会社名からきています。日本の通常の電車をイメージしていただければ、ほとんど同じです。

(写真説明:快適移動BTSスカイトレイン)

このスカイトレインには現在2路線あります。王宮周辺を周るのに便利なチャオプラヤーエクスプレスボートに連絡しているシーロム線、ウィークエンドマーケットやナイトスポットで有名なナーナー駅を通るスクムウィット線の2つです。

シーロム線は全7駅、スクムウィット線は全17駅とまだ割りと少ない駅数ながら、渋滞のひどいバンコク市内では素早く移動するにはもってこいの移動手段となっています。

まず切符の買い方ですが、切符売り場の表の中から目的の駅の番号を調べます。そして、先に券売機の番号を押し、表示された金額を投入します。このときに券売機に入るのは、10バーツか5バーツコインのみなので紙幣しか持っていないときには事前に窓口で両替してもらいましょう。

「ナンバー3」や「SIAM(サヤーム)」というように単純に番号や駅名で通じますので安心してください。ちなみに窓口で直接切符を買うことはできませんので、がんばって券売機で買いましょう。

しかしながら、エアコンも効いていてCMの流れるテレビも完備されている快適なスカイトレインですが、複数人で乗るときはタクシーの方が約す上がる場合もあります。

バンコクでは時間や金額に合わせて交通手段を選ぶのも、思い通りに予定をこなせるかどうか、さらにいかに快適に行動できるかの重要なポイントなのです。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ