10年目にして通勤ラッシュのBTSスカイトレイン


10年目にして通勤ラッシュのBTSスカイトレイン

10年目にして通勤ラッシュのBTSスカイトレイン

タイはバンコクのBTSスカイトレインといえば、
今では観光客にも便利な乗り物となった。

▼BTSスカイトレイン


シーロム線とスクンビット線の2路線からなるこのBTSは、
繁華街やオフィス街などの主要スポットを縦断し、高架鉄道となっているので
道路が渋滞する時間でもスムーズに移動できる。

現地の市民は渋滞に慣れているので少しくらい時間に遅れようが気にも留めない節があるが、
私達日本人の気質とも言われているオンタイムで動きたい人や時間に制限のある観光客には
もってこいの移動手段でも在る。


しかし、このBTSスカイトレインが開通したのは1999年の12月なのに
当初は全く人気がなかった。

その原因のひとつは値段である。

距離によって値段は異なるが、
10-35バーツ(約30円-110円)で乗ることができる。

私達に外国人にしてみれば安いものなのだが、
現地タイ人にしてみればバスだと10バーツもせずに行けるところに
倍以上の値段をかけてはいられないという事情もあった。

元々時間に遅れたりすることが当たり前で、
急いでいかなくとも事が足りていた社会であったことにも要因がある。


数年前に利用したときには、乗車客の半分以上は外国人で
現地タイ人はまばらだった印象がある。

それが、開通10年目の今年。
明らかに乗車客が激増したように思う。


先日スクールもたくさんあるオフィス街のアソークから夕方乗車した。
それはもう日本の通勤ラッシュと変わらない混雑振りに驚いた。

これまでタイでこんなに人と押し合いへし合いしたことがなくて、びっくり仰天した。


徐々にではあるが、渋滞もなくエアコンも効いて
快適なBTSスカイトレインの良さが学生やビジネスマンを中心に浸透してきたようである。

このままいくと、もしかしてタイも日本のように
時間のうるさい国になってしまうのだろうか?

・・・まぁ、これだけではさすがに変わらないか。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ