ソンクラーン


ソンクラーン

別名「水掛祭り」とも呼ばれるソンクラーンは、タイをはじめとしてカンボジアやミャンマーなど近隣の国でも行われている祭事です。

「ソンクラーン」という言葉は、サンスクリットから語の「変化・移動」という意味で太陽の位置についてから起源しています。

このソンクラーンはタイの旧正月で、毎年4月13-15日の3日間で開催され、その前後もこれに伴った祭典が行われることもあって、街は賑わいを増します。

もちろん世界一般的な1月1日もお正月としてお祝いします。そして、2月1日の中国のお正月の時にも、中国系のタイ人が多いためか、みんなこぞって中華料理を食べに行ったりと街はお祝いムードに包まれます。

しかし一番派手に盛大にお祝いするのは、このソンクラーンの時期なのです。


この時期には、仕事などのために故郷を離れていた家族が帰郷したり、新しい服を着て寺院に行って僧侶に食べ物を捧げたり、亡くなった人を偲ぶ行事をしたり、敬意を表して家族の年長者の手に水を掛けるといったような事を行います。

そして、この「敬意を表して年長者の手に水をかける」という行為が発展して、今ではだれかれかまわず水を掛け合うお祭りへとなったのです。何しろ「敬意を表して」水を掛けているので、どんなことをされても怒ってはいけません。

旅行者であろうと外にいれば、水鉄砲やホース、時にはバケツごと頭からやられてしまいます。場合によっては白いパウダーまで掛けられることもありますので、濡れてもいい格好で出歩いたほうが賢明だと思います。


この時期のタイは一番暑い時期ということもあり、1日中水を掛け合っても平気な気候です。是非高性能な水鉄砲片手に参加してみてはいかがでしょうか。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ