マンゴーは日本に持ち込み禁止


マンゴーは日本に持ち込み禁止

タイはたくさんのフルーツの宝庫だということは皆様もご存知でしょう。
得てして暑い国には、とてもおいしいフルーツがたくさんあります。

ドリアン、ライチ、パパイヤ、マンゴスチン、ランブータン、ココナッツ、パイナップルなど
数え切れないくらい種類もあります。


日本や世界でお馴染みのものから、
この地域でしかお目見えできない珍しいものまで街中に溢れています。

味もとても熟れていておいしいものばかり。


そして、なんといっても値段が安い。

現地で作っているので、輸入でしか手にはいらない日本と
は比べ物にならないくらいお値打ちなのです。

日本ではパック売りか「1個」で値段が決まりますが、
タイではキロ単位の量り売りということからもその安さはわかります。


タイでたくさんフルーツを買って日本に持ち帰りたいのですが、ここで注意。
フルーツを持ち帰るには検疫が必要なのです。

稀にお土産物に慣れたお店では「検疫不必要」という称号のついた
フルーツを売っていたりしますが、それ以外は事前に空港で申請が必要なのです。

以前、私は飛行機のなかで食べようとおもい、空港で「カオニアオマムアン」
(マンゴーともち米にココナッツソースをかけたもの)
を買ったまま忘れていて日本に到着してしまいました。

入国の際、思い出して検疫に申請してみましたが「NG」。

「じゃぁいまここで食べる」(がんばれば2口くらいでたいらげられそうだった)
と言って見ましたが、それもNG。

泣く泣く完熟で今か今かと私に食べられるのを待っていたマンゴーが、
検疫のゴミ箱に去っていきました。
今でも大変心残りです。

フルーツ(その他、生鮮物、植物、動物など)は
事前に検疫の方法と場所をチェックしておいたほうがよいでしょう。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ