ナイトバザールでムエタイ観戦


ナイトバザールでムエタイ観戦

タイではナイトバザールといって
深夜までやっている市場風のマーケットがところどころにある。

これは昼間は暑いため、少し涼しくなってから行動したいという
売る側と買う側の利益が重なったいいアイディアだと感じる。

特に観光としても規模としても有名なのが、スワンルムナイトバザール
バンコクの中心部にあり、比較的治安も良い。

▼スワンルムナイトバザールの風景


さらに地下鉄のルンピニー駅を上がってすぐのところにあるので、
アクセスの面でも便利なマーケットだ。

このルンビニーナイトバザールは、買い物はもちろん有名な
「ジョールイス」の人形劇がみられるレストランがあったりもする。

▼ジョールイスレストラン

【画像はThaiSmile.jpタイスマイルより引用】


そしてなんとムエタイのスタジアムまであるのだ。

「素手で空いてを仕留められる技」として
16世紀に生まれたムエタイは、今尚タイの国技として引き継がれている。

日本でいう相撲のイメージで、他のスポーツに比べて格式高く伝統芸能の領域に達する。


このムエタイをナイトバザールで気軽に観戦できるとあって、
連日タイ人は元より外国人観光客からも人気スポットだ。


チケットは当日窓口で購入でき、

  • リングサイド2000バーツ(約6000円)
  • 2階席1500バーツ(約4500円)
  • 3階席1000バーツ(約3000円)

ちなみにこれは外国人料金で、タイ人料金はもっと低価格だ。


ルンピニーナイトバザールでは、買い物するも良し、
人形劇で芸術に身を浸らせるも良し、ムエタイで熱くなるのも良し。

お好みのナイトライフを堪能してほしい。

▼ちなみに日本人でムエタイ王者になった人が居る

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ