シーフードなら「ソンブーン」


シーフードなら「ソンブーン」

タイは海産物も一般的に食されている。

日本でのイメージとはちょっと違うが、白身魚(50センチくらいあって結構迫力がある)や
カニ(身は少ないが小さいものから大きいものまである)、
エビ(かなりの種類の調理法がある)などが一般的な食宅にも並ぶ。

もちろんシーフードを扱ったレストランも街中にたくさんある。


その中でも有名なのが「ソンブーン」
地元住民のちょっとした外食の際や観光客に大人気のチェーン店だ。

▼ソンブーンレストラン バンタットン本店

【画像はCoolバンコクより引用】


ガイドブックにも載っているし、時にはツアーの中で夕食として組み込まれてこともある程だ。


このソンブーンはバンコク市内に5つあるが、どこも毎週末には大盛況だ。


  • バンタットーン(本店、BTSナショナルスタジアム)
  • スラヴォン(BTSサラデーン)
  • ラッチャダー店(MRTフェイカオン)
  • ウドムスク店(スクンビットSOI103)
  • サムヤーン店(MRTサムヤーン)

上記がソンブーンの本支店である。


実はタクシー運転手や、ガイドなどを装った物が「ソンブーンへ案内する」といって、
違う店に連れて行って多額の食事代を請求するとい事件が多発している。

悪質なレストランが仲介料を払って、詐欺を行うというグループ犯行だ。


本物のソンブーンへ行こうとする場合には事前に場所を確かめるなり、
到着したのが本物のソンブーンがどうか確認したほうがよさそうだ。

ちなみに私がタイで初めて食べたシーフード料理は、ここのパップンカリー
どどーんと存在感のあるカニが目にも楽しくおすすめである。

▼プーパッポンカリー

【画像はバンコクナビより引用】


他にもエビの身ぷりぷりのトムヤムクン、
貝やイカなどのグリル盛りなども日本で食べるより本格的でお値打ちだ。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ