フードコートとレストラン


フードコートとレストラン

外国で一番の楽しみと不安といえば、食べ物についてではないでしょうか。世界にはその地でしか食べられないものや、独特の食材があります。

タイの料理は世界でも数本の指にはいるほど、おいしくて種類も多いものだといわれています。イメージとしては、トムヤムクンを代表するように辛い物が多いかとは思いますが、辛いものだけではなくフルーツや麺類、焼飯系や鶏肉など名物メニューはたくさんあります。

(写真説明:フードコートでの食事)


そのメニューを楽しむためのレストランや屋台も街中に軒を連ねています。しかし、毎食レストランに入るのもよそ行きな気分ですし、屋台では少し衛生面や気候の不都合が心配な人はフードコートがとても便利だと思います。

大きなデパートはもちろん、スーパーの最上階などにもフードコートは設置されていてお手軽に庶民メニューを味わうことができます。

フードコートによってお店の数はそれそれですが、一般的なタイ料理から中華料理などを中心として、ドリンクスタンドやデザートコーナーがあったりもします。

タイのフードコートでは、まずクーポンを買います。好きな金額を買えて、食事が終わったらその日のうちならばまた換金できます。

朝食か昼食に利用するのであれば、はじめにおおよそ100バーツ(約300円)程買っておけばメインメニューとドリンクには十分です。クーポンを買ったら、ぐるりとフードコートを囲むように並んでいるお店のうちから自分の好きなメニューを探しましょう。

そして、指をさしたりして注文します。待っていればその場で作ってくれますので、トレイに乗せて席まで運びましょう。


メニューを写真でみて注文できますし、値段も非常にリーズナブルなので是非レストランばかりでなく、フードコートに挑戦してみてくださいね。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ