タイのビーチ


タイのビーチ

タイはビーチリゾートとしても有名で、このビーチを目的として世界の各国から訪れる観光客も少なくはありません。

(写真説明:タイのビーチ)

年中気温が高く、タイ湾を囲む地形ということもあってビーチの数はたくさんあります。

ツアー観光でも有名なプーケット、そしてその近くの隠れ家的なピピ島、バンコクから交通も便利なパタヤ、まだ観光客にあまり知られていないサメット島、飛行機で行けるタイで3番目に大きな島であるサムイ島、王室の別荘もあるタイの軽井沢的な存在のフア・ヒンなど島国ならではの豊富なラインナップとなっています。


さて、ではどのビーチへ出かけるかが迷いどころだと思います。選ぶポイントは、やはり何を一番の目的にするかというところにあるかもしれません。


リゾート地の気分を存分に味わい、静かにリラックスした時間を過ごすのならば、観光客のあまりいないビーチへ少し足を伸ばしてマッサージやスパを楽しむのがいいでしょう。


また、積極的にダイビングやシュノーケリング、パラセイリングやゲットスキーや流行のバナナボートというものでアクティブに楽しむこともできます。


ビーチによっては、洞窟探索ができたり、カジキやマグロといった大物が釣れるフィッシングツアーを開催しているところもあるので、もし時間があれば出かけるまでに何ができるのか調べておくといいかもしれません。

VELTRA


もちろん、日本から事前にツアーとして予約したり、タイについてからホテルなどのカウンターで申し込むこともできますので、是非タイのビーチを余すところなく満喫してください。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ