衣料品ならプラトゥーナーム


衣料品ならプラトゥーナーム

プラトゥーは「門」、ナームは「水」で「水門」という意味をさしているプラトゥーナーム。近くを走る運河に水門があったことから、この一体をこの名称で呼ぶようになりました。

バスもたくさん通っていますし、伊勢丹デパートや電気街であるパンティーププラザからも程近い場所に位置していて、インドラリージェントホテルを中心として、背の高いバイヨークスカイホテルの周辺に主に衣類を扱う商店の市場が広がっています。

(写真説明:MBK:プラトゥーナームの市場)

Tシャツのような普段着から、民族衣装、パーティー用のドレスなどまでアジアの服ならなんでもここで揃います。タイで買うことの出来る衣服の出所は、ほとんどここからだと言ってもいいくらいの場所です。

生地屋や仕立て屋もあり、格安でオーダーメイド作成してもらうこともできます。


さらにここは問屋が多く、買えば買うほど値引いてくれるので友達と一緒にできるだけ大量に買うのがオススメです。

週末ともなれば、世界各地から仕入れに来るバイヤーや個人客などで狭い路地まであふれかえり、まさにバンコク最大級の衣料品入場の名にふさわしい状態となります。

Tシャツはだいたい100バーツ(約300円)くらいで、複数枚買うと値引きしてくれるところが多いので「3枚買うから〇〇バーツにして」というように交渉してみましょう。


また、プラトゥーナームセンター、インドラスクエアというエアコンがしっかりときいた便利な小売店がたくさん入ったファッションビルもあるので、うろうろ歩き回るよりまずはこちらから挑戦したほうがいかもしれません。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ