タイの電気街、パンティーププラザ


タイの電気街、パンティーププラザ

「タイの秋葉原」とも呼ばれるパンティーププラザ。そう呼ばれる所以の通り、電子機器や電子部品などに関してはタイではまずここが一番の品揃えなのではないでしょうか。

(写真説明:MBK:タイの電気街、パンティーププラザ)


このパンティーププラザは小さなお店がたくさん入っているデパートのようなものです。

そのお店のほとんどが、電子機器や部品を扱っていますので、ここで手に入らない電化製品はないのではないかというくらいの規模を誇っています。

このような話を聞いていくと、なんだか特殊で専門的な人しか用事がないようなイメージを帯びてしまうかもしれません。


それが、実際に足を運んでみると、CDのセールをやっていたり、音楽プレイヤーも種類豊富に取り扱っていたり、マウスとキーボードだけを取り扱うお店もあったりで意外と楽しく明るい雰囲気を感じました。

もちろん、パソコンやテレビでのゲームを目的とした若者も集っていたり、日本の秋葉原でみかけるような電化製品に精通していそうな人たちも買い物に来ていたりと幅広い年齢層の買い物客を見受けました。


また、実はこのパンティーププラザはビデオ(DVD)を扱っているお店もたくさんあることでも名が知れています。そのようなゾーンで男の人が通路を歩くと「ビデオビデオ」「こんにちはー」といったような日本語で話しかけられたりするといいます。


しかしながら、アダルト系などで万が一法に触れるようなものがあったとしたら、日本に持って帰ることはできませんのでご注意くださいね

フードコートもしっかりありますし、電子機器が好きな人はきっと1日いても飽きないのではないでしょうか。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ