濃いコーラ・甘い日本茶


濃いコーラ・甘い日本茶

タイの飲み物はとにかく味が濃い。

飲み物の味が濃い」と一言にいっても、一体どういう状況なのか
体験したことのない人にとっては想像もつかないでしょう。

通常言うところの「濃い」「薄い」は、
塩気であったり醤油などの味付けのことを指すと思います。

しかし、ここで言う「濃い」とは主に「甘み」のことを言います。
タイの飲み物は、ほとんど全てが甘いのです。


世界共通のメーカーもあるドリンキングウォーターは、
さすがに混ざり気のない「水」の味ですが、コーラやレモンティー、
それに緑茶までが普段私たちが飲んでいるものと同じメーカーでも味が異なるのです。

このことを知らずに初めてタイへ行った時、
アメリカ発のファストフードチェーン店にて、レモンティーを頼みました。

手元に来たレモンティーにストローを挿し、
一口飲んでみて思わず噴出してしまったほどです。


この時、もちろん私はガムシロップなどは
一切入れていなかったのに、かなりの甘みを感じました。

付け加えて言えば、ガムシロップ2つくらいをすでに入れてあるような甘さです。
そして、さらに今までに味わったことのないような風味もあります。

適切な言葉は見当たりませんが、言うなれば「スパイシーさ」でしょうか。


とにかく日本でいつも飲んでいるものより、全ての味の要素が強いのです。
それはレモンティーだけではなくコーラでも同じ状態でした。

緑茶にいたっては、成分表示に「suger」と記しているとおり
日本人もびっくりのテイストに仕上がっています。

もはやこれは「日本のお茶」とは言えないのではないかと毎回思いますが、
タイの人たちはそれを緑茶と信じて飲んでいるようです。

タイの友達は日本のコーラのことを「薄い」と言います。

もしタイのお友達が日本へ来た時には、
コーラにガムシロップを入れるように薦めるとちょうどいい味になると思いますよ。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ