虫も食べちゃう?!


虫も食べちゃう?!

世界ではを食べる文化があります。
もちろん日本でもハチノコやイナゴなどを食べる習慣をもつ地域があることは有名だと思います。


タイでも同じように、全員が日常的に食べているわけではありませんが、
虫を好んで食べる習慣もあります。

特にタイ北部の地域では、昔から盛んで
野山に生えている山菜のような感覚で虫を食していたといいます。

この北部の地域は交通の便も悪く内陸部に位置していて、
林などの山岳地帯のいわゆる田舎の地帯です。

ですので、都会のバンコクの人たちは
「北部の連中は虫を食う」などと馬鹿にする言葉もあります。


しかし、最近ではバンコクの若い女性の間で「美容にいい」などという噂から、
虫を食べるブームが起こったというニュースをみました。

ちなみにごく稀にですが、バンコクで通りを歩いていると
屋台で虫料理を専門に売っているところがあります。

今まで私は一度しかみたことないのですが、その移動式の屋台では
おじさんが虫たちを揚げてタレに絡めて袋に詰めて売っていました。

香ばしいにおいにつられて「なんだろう?」と近づいてみたら仰天した記憶があります。

ラーメンですとか、焼き魚の屋台の間に突然出現した、その「虫屋台」は、
風景に溶け込んでいてひょっとすると見逃してしまいそうなほどです。


タイで食べられている虫には、アリノコやハチノコといった軽いものから、
イモムシやカイコといったちょっとグロテスクなものもあります。

イモムシは、竹の中に連なって生息していることから
その姿を称して「特急列車」(ロットドゥアン)と呼ばれます。

もっとハイレベルになると、タイワンタガメ、、セスジツチバッタ、ゲンゴロウ、
タイワンオオコオロギ、フンコロガシにいたまで食される虫の種類は結構豊富なのです。

この中でも実は一番人気のあるのが、タガメやバッタであるというのはちょっと驚きです。


見た目もそのままの状態で、蒸したり揚げたりしたものを食べています。
時には刻んでスパイスとして使用したり、醤油のようなソースに加工されたりもします。

しかしながら、これはバンコクなどの都会で一般的に食卓に
あがってくるようなものではありまませんので、苦手な方も心配は無用です。

外国人観光客の間では、密かに人気もあるようなので
もし好きな人はトライしてみたらいいかもしれません。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ