タイの薬局


タイの薬局

タイの薬局も日本と同じく、近代的なドラッグストアの様式の店舗と
昔ながらの「薬局」という感じのお店など様々な薬局が存在します。

タイで最近流行しているドラッグストアでは、
英国発の「Boots」や香港発の「Watsons」があげられ、街でもよく目にします。

Bootsは以前、日本でも事業を展開しており原宿、銀座、吉祥寺に店舗がありましたが
残念ながら日本の気質に合わずに撤退してしまいました。


しかし、ここタイではしっかりと受け入れられ、
生活用品まで取り揃えられた店内には若者から主婦、お年寄りまで
男女問わず幅広い利用客がみられます。

特にこれらのドラッグストアでは、お菓子や化粧品も気軽に手に入りますし、
特売なども頻繁に行っていますので非常に利用しやすいものとなっています。


また、タイと日本の薬事法の違いから、
日本では医師の処方箋がないと購入出来ないような薬や薬品も買うことができます。

同じ理由で視力矯正用のコンタクトレンズも、
医師の診断なしにメガネと同じ要領で購入することが出来てしまうのです。

自分の矯正視力を知っていれば、初めて行った店頭で即購入も可能というわけです。

値段はすごく安いというわけには行きませんが、
病院に行かなくてもいいということでタイへ行った時に買いだめするという話も聞きます。


しかしながら、医師の指示のないものを自分で勝手に使うのは恐ろしい気がします。

日本に比べて便利なように見えますが、うっかりすると非常に危険なのではないかと思います。
しっかり調べて自己責任で利用するようにしましょう。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ