日本へ行くのはお金持ち


日本へ行くのはお金持ち

日本人にとって、タイをはじめとした
アジア近隣諸国への旅行は割と行きやすいものです。

グアムやサイパンなどよりも近く、アメリカやヨーロッパよりも物価が安いので
気軽に旅行できる場所とも言えるでしょう。


しかしながら、逆にタイの人が日本へ旅行するのはちょっと大変なのです。

物価は日本の約3分の1と言われているのにも関わらず、
航空券の値段は日本で買うのとほぼ同じくらいです。

もちろん日本へ来たら来たで、すべての物価が3倍ということで、
私からしてみると1食口にするのでも相当覚悟がいるような気がします。


しかも、日本人がタイへ短期行く場合には不必要なのですが、
タイ人が日本に来る場合には例え1日であろうがビザが必要です。

ビザを取得するためには、事前に日本大使館へ出向き、発行の申請をします。
必要な書類の中には、預金残高を証明するための銀行口座や滞在する場所の連絡先も含まれます。


もしタイ人の女の子が日本人の恋人に会いにいく場合で、滞在先がホテルなどではないと、
その恋人のパスポートや関係を証明する手紙などまで必要になってくることもあります。

このビザの許可はかなり厳しいものらしく、ビザが出なかったという話はよく聞きます。
そして、1度申請が不許可になると、半年は次回の申請ができなくなるというルールもあります。

これは以前に深刻な問題となった、
日本での不法就労やオーバーステイを防止するものなのですが、
純粋に日本へ旅行したい一般タイ人の大きなハードルともなっているようです。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ