バンコクでコスプレイベント!?


バンコクでコスプレイベント!?

今や日本のアニメや、それにまつわる文化は世界にまで広がりを見せつつあります。

「オタク」という言葉は共通語となり、日本の漫画業界に対する評価は素晴らしいものだと聞きます。もちろん、タイのバンコクも例外ではありません。特にタイの人々にとって、同じアジア圏でありながら先進国であるという日本は身近でもあり憧れの対象でもあります。


その日本贔屓にさらに拍車をかけているのは、漫画やアニメそして最近ではコスプレといった若者を中心とした文化です。

バンコクの書店では、タイ語に訳された日本のコミックをたくさん見かけることができます。最新のものから、懐かしいようなものまでバラエティーも豊富です。

また、テレビでも日本アニメは放送されていて、タイ語を話すアラレちゃんやドラえもんを見ると日本人はちょっとびっくりするでしょう。意外なところでは一休さんが大人気といいます。どうやら仏教国で子供が大好きなタイの人にとって、一休少年の活躍が非常に受けているようです。

現在日本でも流行り、世界大会までも開催するようになったコスプレは、タイでも少しずつ浸透してきているようです。

バンコクで最も人々が集まる街、サイアムのデパートのイベントスペースには、数ヶ月に1度くらいのペースでコスプレのイベントが開催されています。日本のそれと同じように、自分の好きなキャラクターに扮した人たちが集います。

はじめは通行人らが物珍しげに驚嘆の表情で遠巻きに眺めていたのですが、今ではそのような格好をした人も街に溶け込んできています。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ