タイの道路


タイの道路

タイの道路には色々な楽しみがあります。昼時には食べ物屋台がたくさん並びますし、夜もフリーマーケットなどの露店が登場します。

今ではどんどん道路の整備が進み、交通量の多い主要な道路はほとんどが舗装されていますが、1本路地に入ると未だ舗装されていない道路があったりして、タイの私生活を垣間見られるようで情緒ある風景ではないかと思います。

(写真説明:信号が無い横断歩道が多い)

表通りのほとんどは、歩道もつくられて歩行者と車が分かれて通れるようになっています。

しかし、その舗装も少しいいかげんで、ところどころに舗装がはがれていてデコボコになっていたりして、歩く時には足元に注意して通行しなければなりません。

特に排水溝のフタなどには、絶対に乗らないように気をつけましょう。外れたり、そのまま下水に落下する可能性があるためで、タイ人の友達は必ず避けて歩きます。

「何が落ちているかわからない」といって、薄手のサンダルは履かない友達もいます。

また、道路を横断したい時には歩行者用横断歩道があるのですが、その数が少ないため信号のない道路を渡るときには車の間を縫うようにして横断します。これにはテクニックと勇気が必要なので、周りの現地の人にくっついて渡るようにしましょう。

信号のある横断歩道でも、タイでは左折車は信号に関係なく通行してもいいという交通ルールもあるので、まったく車の往来がストップするわけではありません。


昼間は排気ガスや舞い上がる砂埃で快適とはいいかねる環境ではありますが、その香りや風景もタイらしいものなのではないでしょうか。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ