いっぱいあるよ食べ物屋台


いっぱいあるよ食べ物屋台

タイ街中にはたくさんの食べ物屋台があります。朝の出勤時間、昼時、夕方のおやつタイム、夕食用、夜食の時間帯といったように、休憩をはさみながら出店している屋台も多いようです。

(写真説明:屋台街。旅行で訪れる観光客も多い)

一日中でている屋台もあれば、時間になったら突如として現れるものもあり、とにかく歩いていて食べ物に困ることはありません。

移送可能な荷車にフルーツや焼き鳥などを乗せて売っているものや、たこ焼器のようなものでお菓子を焼いている人、またはプラスチックのイスと机を側に何席か用意されていて落ち着いて食べられるような屋台もあります。

屋台で食べられるものの種類としては、代表的な焼き鳥に始まってソーセージ、焼き魚、ラーメン類、チャーハンやちまきなどのご飯類、焼き菓子や揚げたお菓子、珍しいところでは虫(食用)なんてものまであります。

種類も豊富で量も適度、値段も安いとあって屋台グルメを目的のひとつにタイへ訪れる人も少なくないといいます。

焼き鳥(タイ語ではガイヤーン)は、1串5バーツ(約15円)程ですし、ラーメン(タイではバミーやセンミーなど、麺の種類で呼びます)は1人前30バーツ(約90円)前後なので食べ物に目の無い人には絶好の観光地かもしれません。

注文の仕方も実に簡単です。欲しいものを指差して「アオアンニー(これちょうだい)」と言いさえすれば、だいたい済みます。


タイへ訪れた際には、屋台で何種類の食べ物を制覇することができるかに挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ