街で見かける面白い日本語


街で見かける面白い日本語

バンコクの街を歩いていると、「えっ?」と思うような日本語に出くわすことが1日に1回くらいあります。

(写真説明:あなたの自由にフィットすると言われても困ります(笑))


車で走っていると「マシサーシい」。その建物から想像するに「マッサージ」と書きたかったのでしょうが、少しわかりにくくなってしまっています。おしゃれなブティックのウィンドゥに「いラつしゃいぬセ」という表示。

このように意味はなんとなくわかるのですが、微妙に違っている日本語を見るたびに楽しい気分になれるのは私だけではないと思います。

タイの人にとって、日本の文字は「かわいい」とか「かっこいい」と感じるようで、積極的に商品パッケージや看板などに用いられています。


しかし、漢字のフォントは中国文字の影響を受けて日本の漢字とはちょっと違った文字になっていたりもしますし、片仮名や平仮名にいたっては反転していたり形そのものがおかしくなっていたりすることもしばしばです。

いわば私達日本人にとっては「文字」以外のなんでもないのですが、タイの人にとっては「デザイン」であったり、単なる「図柄」として捉えているので、どこかでみたような商品のロゴや漫画の一部がTシャツのデザインに使われていたりもします。

一度、街を歩いている時にオシャレな若者が日本人の名前が大きく書いた体操服を着ているのを見かけたこともあります。おそらく古着として日本人が売ったものをどこかで入手したのでしょうが、彼にとってかなりオシャレなアイテムになっているのでしょう。


最近では「シロイネコ」というタイ発のオシャレブランドも製作されていて、若者の間で人気がでているそうです。日本語をこのように友好的に捉えてくれていることは、とてもうれしいことですね。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ