夜のバンコク事情


夜のバンコク事情

昼間は暑くて渋滞もひどく、混雑している通りでも夜になると嘘のように落ち着きを取り戻します。

当たりが暗くなる19時-20時頃になると、表通りにはどこからともなく露店が集い、家に帰る前にショッピングを楽しむ人たちを多くみかけます。

(夜のバンコクのネオン街)

本格的に仕入れてきたお土産や衣料などを売るお店が並ぶストリートや、若者がハンドメイドで作ったアクセサリーやセカンドハンドの品物を売っているフリーマーケットのようなものなど場所によって様々なお店が並びます。

駅に程近い場所から数メートル続くので、電車が無くなる24時近くまでは比較的駅付近は明るく賑わっています。

しかし、もちろん1本路地に入ると人気も少なく危険もあります。日本に比べて治安は決して良いとはいえません。

タクシーも22時を過ぎるあたりには、女性一人で乗るのは現地の人でも避けるほどです。実際に事件に巻き込まれることも非常に多いですので、必ず2人以上できれば男性を含む複数人で利用するようにしましょう。


また、現地に友達がいて携帯電話をもっている場合ですが、乗車の際に友達にタイ語で運転手さんと話しをさせたり、乗っているときに電話で話したりすると「友達がタクシーに乗ったことを知っている」という事実ができて、犯罪を犯しにくい状況になるという方法も現地の友達からききました。

楽しいナイトスポットもたくさんあり、24時間営業のコンビニも最近では増えていますので、夜出歩くこともあるかと思います。


しかしながら、日本は安全すぎるというのもまだまだ本当のようです。しっかり危険を意識して、安全に楽しくナイトライフも楽しんでくださいね。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ