タイの現地事情

サイトマップ

マンゴスチンは1キロ100円!

タイではスーパーや市場で、マンゴスチンがごろごろ山積になって売られているのが普通だ。タイはマンゴスチンが最初に栽培品種化された地域で、農園も多い。なんと、1キロ30バーツ(約100円)で買える。
>>マンゴスチンは1キロ100円!の全文を読む

夏は王様ドリアン真っ盛り!

タイではドリアン1年を通じて食べることができます。かなり強いニオイがあり、タイのホテルなどには、「ドリアン持込禁止」の張り紙が貼られたりするほどです。タイ人の間では常識的に、部屋や冷蔵庫に放置したりすることはご法度とされています。
>>夏は王様ドリアン真っ盛り!の全文を読む

タイスキは「コカ」派?「MK」派?

「タイスキ」いう料理がタイにあり、日本で言う「しゃぶしゃぶ」に近い。タイスキはタイではもう定番の料理で、「コカ」と「MK」がチェーン店として有名だ。
>>タイスキは「コカ」派?「MK」派?の全文を読む

リアルに日本食「やよい軒」

タイにも日本食を食べられるお店はたくさんありますが、一番安心してどのメニューも食べられるのが「やよい軒」です。定食が130バーツ(約400円)程度からあり、味は「ホカ弁」のような味です。
>>リアルに日本食「やよい軒」の全文を読む

安心の日本食「竹亭」

タイにも日本料理店はあるが、その中でも最もオススメは「竹亭」である。タイでありがちな「オリジナルアレンジ」もなく、「ちゃんと日本料理」なのだ。鯖やさんまの塩焼きに始まって、トンカツやすき焼きにステーキ、刺身とバリエーションも豊富だ。
>>安心の日本食「竹亭」の全文を読む

超高速インターネット

タイのインターネット回線はADSLレベルだ。したがって、光回線が主流になってきつつある日本人がタイの回線を体験するとイライラする。
>>超高速インターネットの全文を読む

謎の日本食「シャブシ」

海外でも有名な日本食ですが、タイでも日本料理のチェーン店が多くあります。ただし、そのメニューは全く日本と同じではありません。「シャブシ」なる「しゃぶしゃぶ」と「寿司」が同時に楽しめるお店も有ります。
>>謎の日本食「シャブシ」の全文を読む

濃いコーラ・甘い日本茶

タイの飲み物は、とにかく味が濃く、特にタイの飲み物は、ほとんど全てが甘いです。さらに今までに味わったことのないような風味「スパイシーさ」もあります。緑茶にいたっては、成分表示に「suger」と記しており、日本人もびっくりのテイストに仕上がってます。
>>濃いコーラ・甘い日本茶の全文を読む

惜しい日本料理

「タイにおいての日本料理レストラン」は、手軽に利用できるレストランから、高級店まで存在します。しかし、そうした日本料理店では少し本物とは違った創作的な日本料理も登場しているのが現実です。 ,
>>惜しい日本料理の全文を読む

虫も食べちゃう?!

タイでは日常的に食べているわけではありませんが、虫を好んで食べる習慣も一部にあります。タイ北部の山岳地域では昔から盛んです。バンコクで通りを歩いていると虫料理を専門に売っている「虫屋台」もあります。タガメやバッタが一番人気があるようです。
>>虫も食べちゃう?!の全文を読む

一食100円以下!バーミーナーム

タイの物価は日本に比べて非常に安く、Tシャツは199バーツ(約700円)程度が相場です。また、フードコートや屋台でバーミーナーム(タイの汁ラーメン)が25バーツ(約80円)くらいからあります。
>>一食100円以下!バーミーナームの全文を読む

タイの女の子は強い?!

タイの男女関係(夫婦関係)についての現地事情を解説します。タイ人の男性は浮気者だという評判もありますが、基本的にタイの男性は、女性に対して非常に優しくフェミニストばかりのようです。それに対して女性は自立したしっかり者が多いようです。
>>タイの女の子は強い?!の全文を読む

タイのインターネット事情

タイのインターネット事情を紹介します。タイでもSNSなどは流行っていて、個人でパソコンを所有するのはもちろんのこと、街中でインターネットショップも多いです。しかし、回線はADSLが多いです。
>>タイのインターネット事情の全文を読む

タイの薬局

タイの薬局、ドラッグストアについて。タイで最近流行しているドラッグストアでは、「Boots」や「Watsons」があります。ここでは、タイと日本の薬事法の違いから、日本では医師の処方箋がないと購入出来ないような薬や薬品も買うことができます。
>>タイの薬局の全文を読む

性転換はタイで?!

性転換の手術が一番多く行われているのはタイで、その技術はトップクラスの上に費用もお値打ちだそうです。したがって、医療サービスをタイで受ける旅行客も少なくありません。性転換パッケージプランや、健康診断パッケージプランなど様々な旅行プランが見当たります。
>>性転換はタイで?!の全文を読む

日本製品はステイタス

技術的に最先端を行く日本の商品はタイでもよく見かけます。しかし、「製造タイランド」と書かれたタイ製のものもブランド品などで多くあります。
>>日本製品はステイタスの全文を読む

タイから行き易いシンガポール

シンガポールは、周辺の東南アジアに比べ都会で、観光国です。タイからはマレー鉄道でおおよそ5000円から6000円程度で、バンコクからマレーシアを経由してシンガポールまで、3カ国を縦断してたのしむことができます。
>>タイから行き易いシンガポールの全文を読む

日本へ行くのはお金持ち

タイ人にとって、日本に来るのは、非常に困難です。物価の関係やビザやパスポートや関係を証明する書類等が必要で、日本へ行くのはお金持ちに限られます。
>>日本へ行くのはお金持ちの全文を読む

ナニーとアヤさん

「ナニー」は子守りであり、保育のスペシャリストでもあります。タイでは中流以上の家庭ではとっても標準的な習慣です。また、「アヤさん」というお手伝いさん、ハウスキーパーさん的な職業も存在します。
>>ナニーとアヤさんの全文を読む

バンコクのゴーゴーバーに行ってみる

バンコクのゴーゴーバーは、ダンスを見ながらドリンクを飲むいわゆる風俗テイストのお店。ここでは、ゴーゴーバーの雰囲気や価格について説明するとともに、ボッタクリや騙しに合わないための注意点を述べます。
>>バンコクのゴーゴーバーに行ってみるの全文を読む

タイの車事情

タイの車事情は近年、その経済成長と共に飛躍的に発達しました。今では一般家庭でも1家に1台、所有していることが普通になってきています。日本車もかなりあります。
>>タイの車事情の全文を読む

バンコクでコスプレイベント!?

今や日本のアニメや、それにまつわる文化は世界にまで広がりを見せつつあります。タイの人たちにとって、漫画・アニメ・コスプレといった若者を中心とした文化です。
>>バンコクでコスプレイベント!?の全文を読む

バンコクでメイド喫茶?!

タイ初のメイドカフェはタイの首都バンコクの、さらに中心地サイアムという街に「AKIBA」という名前でできました。しかし、2008年には、残念ながら閉店しています。
>>バンコクでメイド喫茶?!の全文を読む

タイの道路

交通量の多い主要な道路はほとんどが舗装されていますが、1本路地に入ると未だ舗装されていない道路があったりします。タイの私生活を垣間見られるようで情緒ある風景だと思います。
>>タイの道路の全文を読む

いっぱいあるよ食べ物屋台

タイ街中にはたくさんの食べ物屋台があります。朝の出勤時間、昼時、夕方のおやつタイム、夕食用、夜食の時間帯といったように、なので食べ物に困ることがありません。
>>いっぱいあるよ食べ物屋台の全文を読む

タイのタクシー攻略法

タイのタクシーと日本のタクシーとでは、かなりといっていいほど違っている部分があります。タクシーの停め方・乗り方など注意してくださいね。
>>タイのタクシー攻略法の全文を読む

バンコクはいつでも大渋滞

タイの首都バンコクでは、慢性的な交通渋滞が見られます。それは、数年の間に急速に近代化が進み、車を日常的に乗ることができるまでに生活水準が上がってきたことが原因の一つだと思います。
>>バンコクはいつでも大渋滞の全文を読む

街で見かける面白い日本語

バンコクの街を歩いていると、「えっ?」と思うような日本語に出くわすことがあります。タイの人にとって、日本の文字はかっこいいと感じるようです。積極的に看板などに用いられえているようです。
>>街で見かける面白い日本語の全文を読む

タイのチャイナタウン

タイのチャイナタウンといえば、ヤワラートという通りを中心とした一体です。陸続きで中国の商人が訪れ、その流れによりタイの文化や食生活についてもその影響が大きいです。
>>タイのチャイナタウンの全文を読む

夜のバンコク事情

当たりが暗くなる19時-20時頃になると、表通りにはどこからともなく露店が集いショッピングを楽しむ人たちを多くみかけます。ですが、危険もありますので注意が必要です。
>>夜のバンコク事情の全文を読む

お坊さんには触るな!

タイでの一つの常識に、「お坊さんに障ってはいけない」というものがあります。男性はいいらしいのですが、女性が触るとそれまでしてきた修行が全てなしになるといわれています。
>>お坊さんには触るな!の全文を読む

タイの寺院

タイには、沢山の寺院があり世界的に名が知れている寺院も数多くあります。観光コースには必ずといっていいほど織り込まれています。
>>タイの寺院の全文を読む

タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ