事実か?創作か?「闇の子供たち」


事実か?創作か?「闇の子供たち」

「闇の子供たち」という作品を知っているだろうか?
梁石日(ヤン・ソクイル)氏が書いた小説で、2002年に初版が発行されている。


テーマは子供の人身売買や、幼児売春でタイが舞台となっている。

この手のデリケートでたくさんの問題を抱えたテーマを小説にするだとか、
TV番組で取り扱う際にはかなりの困難があるのだろうと思うが、
この作品は2008年に映画化もされている。

当初、「ノンフィクション」との謡い文句だったのだが、タイを前面のテーマにしていたり、
心臓移植の方法などの観点から「ノンフィクション」の文字は次第に消えていったが、
かなりリアル感を追求した映画に仕上がっていると思う。

「タイの田舎から人身売買によって少額の金銭でバンコクへ売られてきた少女が、
売春をさせられエイズに感染。ゴミ袋に入れて生きたまますてられる。
他の買われてきた子供たちも奴隷のように扱われ、心臓移植のドナーにさせられる事も。」

映画版では、主人公の「自分探しの旅にきた」という日本人に宮崎あおい、
暗い影を背負ったジャーナリストに江口洋介 が出演。

原作と映画は少しオチの部分が違うが、時間があれば是非違いを考察していただきたい。


どちらにしても、最終的になんだかいたたまれない気持ちになるのは必至だが、
こういう問題はこの作品の事例だけではなく世界のどこかで必ず本当に起こっている事象だと思う。

2008年8月2日に日本で公開されたこの映画には
値札のついた命」という副題がついていて、PG-12指定だ。

直接的にグロい部分はないのだが、映像的にも非常にリアルでわかりやすく
脳裏と心に直接響いてくるような感覚がある。

このような問題から目をそらしてはいけないのである。
まずは「知る」ことが大切だ。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ