チャトチャックでみつけたTシャツその2


チャトチャックでみつけたTシャツその2

タイではよく間違った日本語のロゴをみかける。

特にTシャツなんかは流通量からして凄まじいので、
びっくり仰天の日本語デザインに出会うこともしばしば。

たまたまレストランで隣のグループにいた女の人が
こんにちは。さようなら。かなしいわ。」と日本語で書かれたTシャツを着ていたので、
「どうしてこのTシャツ買ったの?」と訊ねてみたら、
「日本語の形がかわいいから」と笑顔で答えが返ってきた。


チャトチャックウィークエンドマーケットにはTシャツ屋がたくさんあるし、
バンコク中の品物が集結しているような場所なので、今回も期待して買い物へ出かけた。

そして、何気なく、でもアンテナを張り巡らせながら歩いていて遭遇したのは、
帰国してからも友達の間で長らく話題になるほどの逸品だった。


そのTシャツは、日本国民はもちろん外国人にまで馴染みのある
あの国民的アニメの主人公:ドラえもん・・・ではなかった。


そのドラえもんに出てくる
「スネオ」「ジャイアン」「のびた」の3人を前面に押し出したものだった。

「なぜ主人公のドラえもんではなく、この3人なのか・・・?!」という疑問と同時に
目に飛びこんでくるのは、その日本語「ゾパガイイ」。

(実際には「ガ」とかが小文字なのだが、日本語ではそんな表現法はないので
PCでは書き表す事ができなくて申し訳ない)

「ゾパ痒い」のか「ゾパが良い」のかすらわからない。
「ウパ」でも「ゾハ」でもないのだろうが答えはでない。

店員の浅黒いお兄ちゃんは
「これは日本語だ。お前日本人だろ。なんて意味だ?」と聞いてくる。

私が「こんなの意味はない。日本語じゃない。」というと、またもや白い歯を見せながら
お兄ちゃんが「だって日本語だろ?なんでわからない?」と不思議そうな形相。

仕方ないので「ただの擬音だ」といってごまかしたが、実際には擬音でもなさそうだ。
とにかく日本へ持って帰り、友達と検討してみたが謎は深まるばかりであった。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ