バンコクで大人気!ドクターフィッシュ


バンコクで大人気!ドクターフィッシュ

2009年の夏にタイのバンコクへ行った時、
なぜだか「ドクターフィッシュ」を色んな場所でみかけた。

ドクターフィッシュとは、10センチ程度の小さな淡水魚で
口が吸盤のようになっており人間の角質を食べてくれるというもので、
手足をドクターフィッシュのいる水槽に入れてリラクゼーションをはかるということなのだ。


この魚は正式にはコイ科の魚ガラ・ルファといって、
トルコやイラン、レバノン周辺の西アジア地域で広く生息している。

人間の角質を食べると言われているが、実は雑食性で
自然の状態では石や岩などに付着した藻類や、微生物や昆虫の幼虫などを食べている。

37度くらいの水温でも十分生息できることから、温泉などに放ち、
古い角質を食べてもらうことでアトピー性皮膚炎など皮膚病の治療効果もあるとされ、
なんとドイツでは医療行為として保険の適応もされているそうなのだ。


日本でも何度かテレビなどで、このドクターフィッシュの存在が注目され
一時期はインターネットカフェのサービスでみかけることもあった。

私個人的には、このドクターフィッシュにつついてもらっているときの
くすぐったさがとても面白くて気に入っていた。

しかし家の近くで出来るところが無かったので、しばらくぶりにバンコクで体験してみた。


場所は若者の街サイアムのサロンだ。

通りから丸見えの水槽で魚たちにつついてもらっていると、
通りすがりのタイ人や欧米人が興味深げにみている。

恥ずかしさもあるが、かなり楽しいので「楽しいよ!」をアピールしてみた。

夜出かけたルンピニーのナイトバザールでも、
半年前にきたときには全く見かけなかったのに、3店舗ほど発見した。

いつも宿泊しているホテルの1Fのマッサージ店でも、今度水槽を作るといっている。
流行に流されやすいタイの気質もあるが、これは是非これからも残していって欲しいとおもう。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ