見た目は悪いが味は満点「バミー」


見た目は悪いが味は満点「バミー」

タイでは中華料理からの影響か、麺類メニューが充実している。

焼きそばのように焼くもの、ラーメンのような汁物などなど。
さらに調理法の他にも麺の種類もいくつかある。

ポピュラーなもので、米から作ったクィッティアオというもの。
そのクィッティアオの中でも太さによってセンミー、センレック、センヤイとある。

さらに小麦粉から作ったバミー

バミーは黄色の細麺で一番ラーメンのイメージに近いものと考えていただければいいだろう。

▼バミー・ナーム


さて、このバミーの汁物(要するにラーメンなのだが)は私の好物の1つでもあり、
初めてまとも食べたタイ料理でもある。

バミーを注文する時は、スープに入った汁そば状態の「バミーナーム」か、
汁なしで味付けされた「バミーヘーン」を選ぶことになっている。

私はよく朝ごはんの代わりに近くの食堂や
デパートのフードコートで、このバミーナームを毎日のように食べる。

薄味のスープと少しの野菜でちょうど朝のお腹にいいのだ。


ある日、友達と遊んだ帰りの深夜、バミーを食べて帰ろうというになった。
どうやら近くに知る人ぞ知るバミーの屋台があるらしい。

そこは若者に有名なナイトスポットだったのだが、
友達に連れられてタクシーで5分、真っ暗な路地裏に到着した。

近くのセブンイレブンで飲み物を買ってから屋台の席につく。

実は連れ立っていたのは元シェフの友達なのだが、
その友達もここのバミーの味は絶品だという。


外見はただの軽トラの荷台にコンロや大きな鍋が積んであり、
椅子とテーブルがちょこんと並べられているだけのお店である。

友達おすすめの「バミーヘン」を注文する。
ちなみに友達は最初から3玉注文していた。

▼バミーヘン(一例)

【画像はちなころぼっくるにっきより引用】


一口食べてみる。
確かにうまい。

バミーには珍しいちょっと濃い目の味付けが、飲んだあとの身体にしみわたる。
私も1玉おかわりしてお店をあとにした。

こんなお店は現地の通しか知らないのだと思うが、
私達が席をたったあとも数人のグループがやってきたので本当に隠れ有名店なのだ。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ