面白い食べ物パッケージ


面白い食べ物パッケージ

タイに滞在していると、街中に日本語をよく目にします。

通りを歩いていればもちろんのこと、レストランやデパートでも
日本語をディスプレイの1つとして利用していたりするのです。

その文字が示す内容はわかっていなくても、
多くのタイの人たちにとって、ひらがな、カタカナ、漢字と混ざった日本語の文字や文章は、
とてもデザイン的にみえるのだと聞きます。

その中には、間違った日本語があったりもして楽しませてくれます。


一番手近で、最も私が面白いと感じたのは、食べ物のパッケージです。

パッケージそのものも面白いのですが、裏側に記載されている
製造元や作り方などにも誤字・脱字や間違った日本語が満載です。

特に、仕方がないのですがおかしなことになっているのはひらがなです。

なぜなら、カタカナや漢字は似たようなフォントが中国語などにもあるのですが、
日本語のひらがなは特有のフォントなので機械が対応していないと
実際のひらがなとは少し違った文字に仕上がってしまうのです。

特に「」が「1」「」となっていたり、「」が「」「」となってしまったりと
ちょっと納得できるものから判別不可能なものまで、
その間違いは素晴らしいといっても過言ではありません。


例えば、干し梅のパッケージで「すつぼぃ梅」というタイトル。
「すつぼぃ」という日本語は私の知る限り無いようにも思えますが、
むしろその表現がピッタリくる食べ物なのだろうなぁとも思えてきます。

その横のサブタイトルには「かちの日本木羊式のす」

タイ人の友達に「これどういう意味?日本語でしょ?」と聞かれても、
日本語なのですがさっぱり意味がわかりません。


他にも乾麺の作り方に
「みでん切りにく、食用油、しょうわ、砂糖、こしょうで好きのように加味して下さい」 との表記。

なんとなく気持ちはわかるのですが、つっこみたくなることばかりです。
まだまだここには書ききれないくらいの面白い日本語がタイのスーパーにはたくさんあるのです。

タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ