タイ人はメールよりも電話派


タイ人はメールよりも電話派

タイの街を歩いていると、携帯電話を片手に街を行く人が多いのに気づきます。

BTSスカイトレインに乗ったときにも、
席に座るや否や通話を開始して降りるまで話す人を良く見かけました。

タイでは先日から、運転しながらの携帯電話はやめようという
法律なのか運動なのかがはじまりましたが、
まだまだ携帯電話に関してはオープンで規制はゆるいようです。


バスや電車の中でも「♪ちゃらららー」と着メロが陽気になります。

日本のアニメの着メロに設定している人も割といるようで、
藪から某に聴きなれたアニメの曲が耳に飛び込んでくることもあります。


しかしながら、今のタイの社会において、携帯電話は欠かせないツールとなっています。

元来、暖かい気候の国の人は時間にのんびりしているといいます。

この気質にバンコクでは、慢性的に起こっている渋滞という交通事情も加味されて、
友達と待ち合わせするときに携帯電話は必需品なのです。

実際には、待ち合わせの時間になると「どこにいる?」と電話がかかって来て、
「今〇〇にいるから〇〇分後に着く」という所からはじまります。

そしてこのようなやりとりを数十分から、
事と次第によっては数時間繰り返してやっとめぐりあえるというわけです。


これまでの経験から、携帯電話が無かった時には
一体どうやって待ち合わせをしていたのかすごく疑問に思います。

日本では色々な事情から電話をかけるよりもメールで連絡をとることも多いですが、
タイではメールよりも電話をかけたほうが手っ取り早く値段も変わらないので通話の機能をよく使うみたいです。

恋人同士ともなると、長い短いの通話も合わせて、 日に5、6回かけることも珍しくないといいます。

タイでロングステイする場合には、
是非携帯電話をもって友達と連絡を取り合ってみてはいかがでしょうか。


タイのホテルをお探しなら!

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】


タイ旅行おすすめ観光地

乗り物と移動手段

タイの現地事情

お祭り・イベント

タイの日常

豆知識

その他の雑多な話題

タイの芸能情報

プロフィール

普段はOLとして働いていますが、ゴールデンウィークなどまとまった休日が取れると、タイの友達の家に旅行によく行っています。

バンコクを中心に、これまでに7回タイに訪れましたが、毎回行く毎に違った魅力を発見し、ますますどっぷりはまっています^^;

VELTRA

女性の一人旅ならば、タイの治安の悪さなど気になる部分はあるかも知れません。

しかしながら、タイの物価は日本に比べると確実に安く、日本人も3万人以上住んでいるのは、それなりに居心地が良く魅力のある都市だからだと思います。

旅の不安などもあるでしょうが、思い切って行動してみるのも、一人旅を満喫するための秘訣と言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

サイトマップ